大正ロマンや歴史インスピレーションがあふれる洋館巡り散策

東京や横浜などに残る洋館巡りを楽しんでいます。洋式型の我が家が好きで、リラックスがてら眺めに行くことがあります。
上野公園の近くの旧岩崎邸ガーデンや、旧古河邸ガーデンなどは入場料を払えば中に入ることもできるので、脱ぎ易い靴を履いてにぐっすり観に行きます。

最寄駅から歩いて行くと、外壁からすでに重厚な感じがして、門をくぐる前からワクワクします。こういった洋館は木が多く植えられて要ることが多いので、都市の中のオアシスものの気もして内面が落ち着きます。

洋館は上っ面を観ても素敵ですが、内もやはり素敵です。特殊なわざで作った壁や、綺麗に磨かれた床板、公からは見えない和洋折衷のインテリアなども楽しめます。
逆に横浜のエリスマン邸などの外人向けの洋館はきっちりとした洋風の家で、ベッドや風呂タブ、ダンスホールなどの家財や広間割りに意思したり、ケバイ装飾やインテリアにどっか外国らしき趣向を感じます。

洋館では食堂や喫茶店があったり、点てたお茶をいただけたりもするので、それも味わいの一つだ。大手金融会社はこちら